プロフィール

渡辺夏巳プロフィール写真 渡辺 奈見子 4月19日生まれ 牡羊座 O型

業務に関する主な資格など

・ 国際リラクゼーション協議会新潟支部認定手技療法師
・ 国際足反射技術師
・ JAA認定アロマインストラクター
・ 直伝霊気療法師範

・西洋レイキヒラー
・ シータヒーラー

現在の想い

来年にはサロンオープン12周年を迎えます。
そしてリラクゼーションの勉強を始めて15年超たちます。
今改めて振り返るとあっという間でもあり長いようでもあり
やっとコレだけすすんだかという亀のようでもあり
ここまで頑張ってきて少しは形になったかなという思いもあり・・・。
まだまだ形ばかりでというあせりもあり。
経営というのは大変ですし家庭との両立も大変です。
しかしできればずっと細くても長くライフワークとして続けて生きたいと思っています。

この仕事を始めた理由

私がどうしてこの道に入り今こうしてサロンワークを仕事としているのか・・・。
実はこうだ!というわけは一つではなく思えば導かれてきたのかと思います。

当時私は10年勤務した銀行を家の都合と子育てのため退職し、落ち着いてからまた銀行にパートタイマーとして勤めていました。3人目の子供が小学校に入るころ「この先どうしよう?何かしなくては」という強い焦りが出てきまして、もうそれは尻に火がついたような感覚でした。
ずっと前から銀行は私には合わないと感じ、なんとなくいつも『私の居場所ではない。』と強く感じていました。

そんな時目についたのが新潟日報の新聞広告『貴方も手に職つけませんか?独立開業応援します!』とうたったリラクゼーションスクールの受講生募集の記事でした。
当時新潟県ではまだスクールがほとんどなかったのでパッと目を引かれ『これだ!習いたい。』と強く思い、家族の承諾を得て早速申し込み、パートの合間に通い始めました。
最初は雑誌などで読んで興味があったリフレクソロジーを習得したかったのですが、スクールの話を聞いてリフレ、整体、アロマボディ、フェイシャルエステの複合コースを選びました。
それが今のサロンワークの原点になっています。

『人に喜んでもらって自分も生かされる仕事をしたい。』
『歳をとっても続けられるライフワークをみつけたい。』
『私自身がわくわく出来る仕事がしたい』
という私の希望を満たすものそれが今の仕事でした。

…そしてその思いは私自身ずっと忘れていたのですが高校生のころからなんとなくあったようです。
去年見つけた卒業文集に全く同じようなことがかかれていました。
読んでみて私自身驚きました^^

私の転機

交通事故~経過

一年半ほど掛けて全カリキュラムを修了した後、一年ほど長岡アクアーレという温泉保養施設で経験をつみました。その後平成14年知り合いの美容院で週3日営業させてもらいました。

そしていよいよ個人開業しようと準備を始めていた平成14年11月9日に交通事故に合ってしまいました。

その日は長岡の先生に頼まれてフェイシャルエステのモデルをして夕方家に向っている道中でした。
その年は初雪が10月下旬と早く、その日も雨から雪交じりのみぞれに変わっていました。
私はもうスノータイヤに変えていたのですが、ゆるいカーブのところでまだノーマルタイヤをつけていた対向車がスリップして私の方につっこんできました。

そういう瞬間ってスローモーションのように見えるといいますが、本当にそんな感じではっきり相手の車が私の方へ向ってくるのが見えて、
『あ~どうしよう・・・。』
アクセルから足を離したのでスピードはかなり落ちていました。とにかくぎゅっとハンドルを強くにぎることしかできませんでした。

残念なことに、私の車は古いダイハツムーブで当時エアバッグが付いていませんでした。
衝突の衝撃で私は第二頸椎を骨折しました。そのとき意識ははっきりしていましたし、痛みもなく外傷はなかったので出血もまったくなく、
ただ動けない・・・。携帯に手を伸ばそうとしても動けない。。
そんな感じでした。

救急車で運ばれた病院でCTをとり頚椎第二骨折と判明したわけです。
勿論そのまま首を固定されそのまま4ヶ月弱の長い入院生活とあいなりました。

スピードが落ちていたのがよかったのか脊髄損傷という重大な怪我にはならず、不幸中のさいわいでした。
ただ、場所が場所ですし綺麗にまっすぐ線が入ったように骨折していたので、お医者さんいわく
「手術するより自然にくっつくのを待った方がいいでしょう」という診断でした。
大人の場合自然にくっつくのに最低3ヶ月かかるということでした。

最初の2週間は絶対安静でベッドにずっと寝ている状態。その後がっちりと首を固定する器具を作ってもらい一日に数回歩くときはそれをつけて歩きました。寝ているときは頭の両側に砂袋を置き固定して絶対首は動かせないようにずっとあおむけ状態です。ずっと長いあいだ寝返りをうつことができませんでした。

最初の一ヶ月はあっという間にたちました。
最初はまだ元気で筋肉もついていたので寝ながら本を読んだりテレビも見たり、器具をつけては散歩したりしていました。あまり痛みがなかったのも幸いでした。

しかし2ヶ月目に入ると動けない時間が長いのでどんどん筋肉が落ち体力も落ちていき、本を読むこともテレビを見ることも苦痛になり、無理するとぐるぐると部屋が回転するようなめまいがするようになりました。精神的にもかなりつらくなり、先が見えないような不安を感じるようになりました。

3ヶ月目に入りやっと骨がくっついたのはいいのですがとにかく筋肉がげっそり落ちて、ふくらはぎはぺらぺら、首も一回り小さくなり体力もすっかり落ちてしまいました。

その後、首にわっかをつけてゆっくりゆっくり動いて日常のなかで少しづつリハビリです。
最初はとにかく痛みがひどく1時間に一回は横にならないともたないような感じで、37度以上の微熱がずっと続いていました。

少しづつ少しづつ薄皮をはぐように楽になって行きました。
完全に元通りになったと実感できたのはちょうど3年たったころでしたね。

略歴

高校卒業後、10年間 銀行勤務
平成11年 リラクゼーションスクールにて勉強開始
平成14年 交通事故にあい一年間リハビリ
平成16年3月 『 ティートリー・サロン 』OPEN
平成18年8月 ティートリーゆ~パーク薬師店 オープン
(日帰り温泉ゆ~パーク薬師内)
平成21年2月 レイキセミナー&アロマスクール開始

現在に至る

Copyright(c) 2009-2012 teatree-salon.com All Rights Reserved.